デブはすでにシックスパックが完成している!?正しい絞り方

デブがシックスパックになるための必要なこと

 

 

デブがシックスパックになるためにはどうすれば良いのでしょうか。
そもそも「シックスパック」と聞いてもピンと来ないデブの方のために説明しておくと、つまりは「6つに割れた腹筋」の事です。

 

「いやデブがシックスパックになんてなれるわけが……」とデブは安易に諦めようとするかもしれませんが大丈夫です。
適切な手段でトレーニングに取り組めばデブでも普通にシックスパックになれると言われています。
ただ、もちろん「デブのままシックスパックになれる」というわけではないので、デブでなくなる必要はもちろんあります。

 

ちなみに、体脂肪率が25%くらいのデブがしっかり頑張ると早くて3ケ月くらいでシックスパックになれると言われています。
体脂肪率が30%や40%などの「デブ・オブ・ザ・デブ」でも、長くても半年くらいあればシックスパックになれると見られています。

 

デブの皆さん、つーか僕の事ですが(笑)。
いつまでもデブデブデブデブデブデブ言われていて良いのでしょうか!
僕と一緒にシックスパックになるために頑張ってみませんか?

 

 

筋トレよりも食事の制限!カロリー制限と糖質制限のダブル対策!

 

 

デブの場合、まず筋トレは二の次三の次で良いです。
「できればやろう」というくらいの気持ちで構いません。

 

それよりもデブがするべきなのは「食事制限」です。
デブな身体を支えている分、内部の筋肉が発達している可能性もありますから、体脂肪率が10%くらいになればそれだけで腹筋が割れる場合さえあります。
まあ、これは極端な例なんですけどね(笑)。

 

 

食事制限ですが、具体的に行うべきなのはカロリー制限と糖質制限です。
デブは何と言ってもデブですから、どうせ一日に大量のカロリーを摂っているはず(笑)。
まずは、自分の年齢に見合った摂取カロリーにまで減らすようにしましょう。
そして、余裕が出てきたらそれよりも減らしていくようにしましょう。

 

そして、糖質も制限します。
糖質の代表と言えば、お米、パン、麺類などです。
デブはどうせ1日3食このような糖質を摂取しているでしょうから、糖質を摂るのは3食の内の1食だけにしましょう。
その時の糖質の量もできれば抑えたいところですが、デブにはそこまで求めません(笑)。
できる範囲でOKです。

 

 

絞る絞る!とにかく絞るだけでいい!

 

 

これらの食事制限をした上で、さらに歩行などの有酸素運動もできればいいんですが、デブにはそこまで要求しません。
ある程度身体が絞れて余裕が出てきてからにしましょう。
それに、食事制限でデブの生き甲斐である(笑)糖質が削られるわけですから、その上運動まで頑張ってしまうとデブは途中でくじけてしまうかもしれません。
それでも「数か月でシックスパックになりたい!」という気合いの入ったデブなのであれば、有酸素運動も最初から導入して良いかもしれませんけどね。

 

ちなみに、腹筋をはじめとした筋トレですが、消費できるカロリーそのものは非常に少ないです。
ですから、まずは脂肪を落とす事が優先なデブにとっては、先ほど言いました通り、二の次三の次なのです。

 

 

デブは、まず食事制限で絞りましょう。
そして、ある程度絞れたら有酸素運動も取り入れてさらに絞る。
絞る絞る!まずはとにかく絞るだけで良いです。

 

デブの皆さん、僕と一緒に頑張りましょうね。
マジで……。