知らなかった腹筋の真実!だからあなたは続かない!?

意外に知らない腹筋の間違いについて

 

 

ここでは「腹筋を割る」事について語っていこうと思います。
腹筋を鍛えるにしても、脂肪を落としたかったり、お腹を凹ませたかったり色々あると思うんですが、ここではあくまで「割る」事に集中して語りたいと思います。

 

さて、そもそも「いやいや腹筋割るとか普通の人間には無理でしょ……」というくらいに感じている人も多いと思いますが、別にそんな事はありません。
ちゃんとした知識を得てから、ちゃんとしたトレーニングに取り組めば、ちゃんと1ケ月前後で腹筋が割れてくると言われています。

 

でも、もちろんちゃんとした方法で行わないと、いつまでもちゃんと腹筋が割れてくれる事はないと言われていますし、腹筋の辺りが筋肉痛になるだけです。
腹筋だけでなく案外腰の辺りも痛くなるので、腹筋のトレーニングは怖いです。

 

さて、次の項目からちゃんとした腹筋の方法とお腹が割る秘訣を見ていきましょう。
ちゃんちゃん♪

 

 

ちゃんとした腹筋とお腹を割る秘訣

 

 

では、ちゃんとした腹筋とお腹を割る秘訣を見ていきましょう。

 

1:まずは体脂肪を落とそう

 

人体の構造を考えれば実は当たり前の事ですが、腹筋はそもそも割れています。
大抵の人は腹筋の周りに余計な脂肪が付いているために、腹筋が割れているようには見えないのです。
ですから、体脂肪を落とす事も考えましょう。
「割りたい」場合の目標は10パーセントくらいです。

 

そのためには、筋トレだけでなくウォーキング等の有酸素運動に取り組む事も大事です。

 

2:「腹筋部分の脂肪だけ落とす」のはほぼムリ

 

となると、腹筋周辺の脂肪だけを落とせば良いように思えるかもしれませんが、それは人体の構造的にほぼ無理です。
ですから、やっぱり体脂肪率10パーセントくらいを目指す事になります。

 

3:食事管理をしっかり行う

 

「しっかり食べてしっかり運動を行う」というのは、いかにも健全に思えますが、現実的にはそうやって腹筋を割るのはかなり難しいです。
「食事制限で減らす事が望める脂肪」に比べれば「運動で燃やす事が望める脂肪」の量は正直たかが知れています。
ですから、食事管理もしっかり行うようにしましょう。

 

 

4:何十回、何百回も行えるような腹筋はそもそもおかしい

 

「脂肪を燃やす事」から離れて「筋肉を肥大させる事」について話していくのですが、腹筋は回数を多くすればいいというものではありません。
筋肉を肥大させたい場合は「1セット10回」で限度が来て、続けられなくなるような方法で腹筋運動を行うのが相応しいと言われています。

 

ですから「身体能力的に何回も腹筋が行えてしまう」というのであれば、重りを使ったり傾斜を利用したりする必要があると言われています。

 

 

モチベーションを上げることが重要

 

 

おおよそ以上のような方法で腹筋を行っていけば、元々体脂肪率が10〜15パーセント程度の方であれば1ケ月くらいで腹筋を割る事ができると言われています。
「じゃあ、肥満だと腹筋は割れないの?」と感じるかもしれませんが、そんな事はありません。
体脂肪率が25パーセントを越えていても3ケ月程度頑張れば割れてくると言われています(20パーセント程度なら2ヶ月くらい)。

 

というわけで、別に「腹筋を割る」という行為はそこまで果てしないトレーニングが必要というわけではないんですよね。

 

自分なりにモチベーションを維持しつつ、短期間でガッと鍛えていって下さいね。

 

モチベーションを上げるために一番良いのは、ぶっちゃけ「モテたい」と考え続ける事だと思います(笑)。