腹筋のカロリー計算!たったこれだけ!?と言ってしまう前に

腹筋のカロリーについて調べました

 

 

ここでは、腹筋運動で消費するカロリーについてお伝えしていきます。
まあ、一言で「腹筋運動」と言っても、実に色々あって一概に言うのは難しいのですが……。
それでも、腹筋運動を1分間行うと、体重1キロにつき約0.15キロカロリーを消費できると言われています。
そして、若者の方が消費できるカロリーが多く、歳を重ねるごとに徐々に消費できるカロリーが減っていくと言われています。

 

どうでしょう。
正直滅茶苦茶消費カロリーが少ないですよね(笑)。
しかも、腹筋運動に関しては「10回で限界」を感じるくらいの負荷で行うのが正しいと言われています。
ですから、10分も20分も行い続ける事はできないはずです。

 

なので腹筋運動に関しては「あくまで筋肉を鍛えるだけのもの」と考えた方が良いでしょう。
カロリーを消費したり、脂肪を燃やしたりしたいのであれば有酸素運動に取り組むべきだと思います(水泳、ウォーキングなど)。

 

実際、体脂肪率が約10%になると特に腹筋運動を頑張った事がない人でも腹筋が割れると言われています。

 

腹筋を割りたいのであれば、腹筋運動だけでなく有酸素運動にも取り組んだ方が良いでしょうね。
また、これだけ消費できるカロリーが少ないわけですから、食事管理によってもカロリーを調整していく必要があると言われています。

 

 

腹筋その他の筋トレカロリーはどれくらい?

 

 

腹筋1分間での消費カロリーは体重1キロにつき約0.15キロカロリーでした。
それでは、他の筋トレの消費カロリーはどれくらいなのでしょうか?

 

・ダンベル運動

 

ダンベル運動については、1分間で体重1キロにつき約0.21キロカロリーを消費できると言われています。
腹筋よりはやや効率が良いですが、やはり少ないですね。

 

 

では、ちょっと変わった行為についての消費カロリーを見ていきましょう。
なんていうか、豆知識だと思ってください(笑)。

 

・睡眠

 

1分間睡眠すると体重1キロにつき約0.02キロカロリーを消費できると言われています。
これって、人間の行動の中では一番消費カロリーが少ないものらしいですね。
まあ、当然ですか。

 

単純計算すると8時間睡眠を取れば、それでも中肉中背の人ならば400キロカロリーくらいは消費する事になります。
ひたすら寝ていてもこうやってカロリーを消費していくわけですから、人間はモノを食べないと死にますね……。

 

・勉強

 

1分間勉強すると体重1キロにつき約0.03キロカロリーを消費できると言われています。
まあ、どのくらい本気で勉強するかにもよりそうですけど……。

 

これってつまり「頭を使う行為」の事だと思うんです。
デ○ノートの中でLが「頭を使えば糖分とっても太らないはずなんですが」と言っていましたし、本当に本気で勉強すればもっとカロリーが消費できるのかもしれませんね(笑)。

 

 

筋肉がついてくると基礎代謝が増える!

 

 

こうやって考えてみると「じゃあ筋トレって実は全然意味が無いんじゃ……」と思うかもしれませんが、そんな事はありません。
確かに直接カロリーを消費することには繋がりにくいと言わざるを得ませんが、そもそも筋トレをしないと筋肉が肥大しにくいと言われています。
ですから、ある程度「見せる筋肉」を付けたいのであれば、筋トレはほぼ必須です。

 

それに、筋肉が大きくなれば基礎代謝(普通に生きているだけで消費するカロリーの事)が増えると言われています。
イメージとしては「筋トレによって、カロリーを消費するための土台を作る」という感じですね。

 

ですから、腹筋運動などを軽んじず、自分のペースでしっかり行っていくようにしましょう。