鉄筋シャツ 睡眠

鉄筋シャツを着たまま睡眠はできるか?

 

 

とある口コミで面白いものを見つけました。
それは「鉄筋シャツの着心地は気持ちいいので、うたた寝(睡眠)ができるくらい」というものです。

 

「本当なの!?」と思わず見入ってしまいます。
では鉄筋シャツで本当に睡眠ができるのか?

 

 

そして睡眠をすることは24時間トレーニングで効果があるのか?

 

ということについて考えていきます。ヲタメガネの結論は・・・

 

 

鉄筋シャツはどうして効果があるか

 

 

公式サイトのページを見ても

  • 鉄筋シャツは24時間トレーニング!
  • 効果的!着るだけで痩せる。

と言われています。

 

でもそれは本当なのでしょうか?
ちょっと誇大広告では?とも思いますよね。

 

実際に鉄筋シャツを24時間きていて、睡眠の時も脱がない、という人は見たことがありません。
実は筋トレって24時間していることで筋肉がつくわけではないのです。

 

鉄筋シャツを着ている時をトレーニングとして考える場合、休息の時間も取らなくてはならない課題になってきます。

 

 

ヲタメガネの考えでは鉄筋シャツは日中に着ておいて、夜の眠る時には休息として脱いだほうがいいと考えています。

 

鉄筋シャツの使い方、ってほんのちょっとの違いで効果が出ない場合もあるのですね。
そもそも無理をして生活環境を変えてしまうとトレーニングを継続出来ません。

 

リバウンドが出てきてしまうとは思いませんか?

 

着たまま睡眠では効果がある?

 

 

ヲタメガネは鉄筋シャツを手に入れて実際に睡眠をとってみました。
全体がキュッと締まる程度の心地いい具合なのでそれほど苦しくなく睡眠をとることは出来ます。

 

 

でもそれは鉄筋シャツのフル活用とは言えなかったようです。

 

まず睡眠中に来ていると鉄筋シャツは痛めつけられて持たなくなってしまいます。

 

それに疲れが取れなくなっていたのです。
翌朝になっても体がだるいままでトレーニングの効果も感じなくなっています。
鉄筋シャツを着たまま睡眠が取れるのか?
という答えにはとることはできる、と返事ができます。

 

 

しかし、続けられない、効果がなくよくないことだ、と思っています。

 

では鉄筋シャツの効果のある正しい使い方ってどうなのでしょうか?
睡眠以外で気をつけることってありそうですか?

 

まとめ、鉄筋シャツは着たまま睡眠はやめたほうがいい

鉄筋シャツのポイントは体を引き締めて、基礎代謝をあげることです。
加圧シャツと言っていますが、無意識に運動量を増やしてくれるのです。

 

引き締まっていると食事の量も減っていきます。
ここで注意点、「タンパク質はきちんととること」ですね。
まあそれは、別な機会に置いておいて。

 

もう一つの注意点がポイントになるかと思います。

 

 

日中に鉄筋シャツで効果的なトレーニングをした場合、
夜の睡眠時間ではきちんと時間をとって休むことです。

 

その間だけは鉄筋シャツを脱いでぐったりと休むこと。
こうしたメリハリをつけていくことで鉄筋シャツの効果はどんどん上がっていくでしょう。

 



誰でも、自分のペースでゆったり始められるのは鉄筋シャツだけ!