ドローインの正しいやり方!無駄な努力はもうやめよう!

そもそもドローインとは!?

 

 

聞いたことがある方も多いかと思いますが、ドローインとは以下のような行為の事を指します。

 

「空気を徐々に吸って腹部を膨らませて、一定時間経ったら、徐々に息を吐き出しながらお腹を凹ませていく」
という行動の事です。
もっと端的に言えば「お腹を凹ませる」事です。

 

気持ちの上では「腹部と背中をくっつけるくらい」の意識でいましょう。

 

テレビなどのメディアで多く紹介されていますし、辛い腹筋運動などに比べれば明らかに楽なので、最近かなりのブームになっています。
ですが、ブームだからこそドローインに関する様々な情報が飛び交ってしまい、間違った方法でドローインを行ってしまっている方が多いのも事実です。

 

間違った方法でドローインを行っても、効果はほとんど望めません。
ですから、ここではドローインの正しいやり方を紹介していきます。

 

 

空回りしないドローインのポイント

 

 

それでは、空回りしないドローインのポイントを紹介していきます。
気を付けるべき事は色々ありますが、ここでは基本中の基本に絞ってお伝えしていきます。

 

 

1:常に腹筋に意識を集中させる

 

そうしないと腹筋への効果が激減すると言われています。
ですから、ドローイン中は本当に大げさでなく「常に」腹筋に気持ちを向けるようにして下さい。

 

やってみると分かりますが、腹筋に意識を向けずに「なんとなく」お腹を凹ませる事も案外簡単にできてしまうんですよね。

 

 

2:ゆっくり行う

 

ドローインはゆっくり行うようにしましょう。
具体的に言えば、お腹をへこませた状態でいる時間は最低でも15秒間は欲しいです。
そして最終的には50〜60秒くらいは目指したいものです。

 

「ゆっくり吸って、じっくりキープして、ゆっくり吐く」

 

ドローインは数をこなせば良いというものではありません!

 

 

3:かなり太っている方は別の方法を探した方が良いかも……

 

とにかくお腹を凹ませる事が大事なドローインですが、かなり太っている場合は凹ませる事自体ができないかもしれません。
そういった方は、まずは別のダイエット方法から取り組むようにした方が良いかもしれません。

 

 

毎日続けることがとても重要

 

 

そして、ドローインに関しては「毎日続ける」という事も非常に重要です。

 

まず、普通の筋トレの場合は「完全に休憩する日も必要」なんて言われる場合もありますよね。
(正直、筋トレに関しては色々な説があるので良く分からないのですが……)

 

ですが、ドローインで掛かる身体への負担はそれほどではありません。
(だからこそ、誰でも無理なく取り組む事ができるのです)
ですから、ドローインは基本的には毎日行うようにしましょう。

 

ドローインはお察しの通り劇的な効果が望めるトレーニングではありません。
ですから、最初のうちは全然変化が感じられなくてすぐに投げ出したくなってしまうかもしれません。
ですが、そこをグッとこらえてまずは最低でも3か月程度は続けるようにして下さい。
実際、3ケ月程度から身体の変化を感じ始める人が多いようです。

 

基本的にはかなり楽なトレーニングですから、3ケ月というのも案外辛くはないんじゃないかなと個人的には思います。